ホーム
会社案内
施工事例
AtoZの住まい
FFC
本物の漆喰
リンク集
お問い合せ


FFC
SW工法
パネル工法T-100
高断熱工法
FFC
本物の漆喰
保証制度


癒しの住空間FFCテクノロジー

FFC TECHNOLOGY
FFCとは
Ferrous Ferric Chloride(フェロス フェリック クロライド)の略です。
砂鉄と同じく二価鉄(Fe2+)・三価鉄(Fe+3)の混合状態で存在する水溶性二重体鉄塩です。
イメージ - 癒しの住空間FFCテクノロジー
結合水を安定化させる技術
住宅建設にともなう、すべての資材(木材・合板・クロス・布・ガラス・金属・けいそう土・漆喰・革・紙)等すべて形ある物質は多少たりとも「結合水」が存在している為、 それが粉体化せずに形状が保たれています。
この結合水が不安定になると「水の崩れ」がおこり構成物質の内部崩壊がおこり、その周辺の物質を構成する化学物質を崩壊させ、その一部が気化してしまうことによって VOC等が発生します。
同時に建材の酸化現象が起こり、建材の劣化・郷土低下が進行していきます。
又、結合水が安定化した環境ではヒトの体に悪い微生物は増殖できず、すべて善環境の方向へ進んでいきます。
これを可能にした免疫住宅は室内空気環境を改善し、おいしい空気の吸える家を実現する事によって、真の健康住宅を確立する事ができます。

s-IgA濃度測定結果報告

DENSITY MEASUREMENT
イメージ - s-IgA濃度測定結果報告
前室一実験室で、各条件において被験者間で対応のある検定を行ったところ、FFCにおいて有意に実験室が高い値を示した。

FFCはスギに特殊加工を施したものであり、FFCは免疫系活動の指標であるs-IgA濃度を、前室と比較して有意に増加させた。
このことから、FFCは生体に何らかの刺激を与え、生体防御系、特に免疫系がストレスに対して反応していると考えられる。
この作用により自律神経系(交感神経系)副腎髄質の活動が亢進されると、副腎髄質よりアドレナリン、ノルアドレナリンなどのカテコールアミンがリンパ球のα受容体もしくはβ受容体に作用し免疫系の活動を高める。
(国立大学との共同研究により抜粋)


住空間で免疫力アップ!FFCテクノロジー資材を利用した部屋

IMMUNITY POWER UP!
イメージ - 住空間で免疫力アップ

杉の天然材をFFC処理することにより、入室後10分ほど経過すると、免疫力の上昇例が報告されています。

内障子
FFC処理することによって、木材本来の機能を増大させることも可能です。

天井
FFC処理することにより、天井に手あか防止の効果が報告されています。

和室押入戸
杉天然突板をFFC処理し、フラッシュ加工にて戸をできるだけ軽量に製作しています。


(有)AtoZプランニング概要。新築・不動産・リフォームのことならAtoZ PLANNING
(有)AtoZプランニング
大分県中津市大字加来2283-154
TEL:0979-26-2030
FAX:0979-26-2031
メールでのお問い合せはこちら


携帯サイトのご案内
(有)AtoZプランニングのホームページは各社携帯端末でもご覧になれます。