資料請求 CONTACT

ブログ

2021年本年もよろしくお願いいたします。

2021.01.07

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

本日から冷え込みが厳しくなり

体調や車の運転など優位が必要です。

皆様くれぐれもお気をつけ下さい。

 

お知らせ

水道の凍結防止

 

水道管凍結を予防するための3つの対策

水道管が凍結すると水が出なくなるだけではありません。水が氷に相変化すると僅かに体積が増えて膨張するため、水道管に亀裂が入ったり破裂するおそれがあります。凍結はなるべく避けなければなりません。

凍結を予防するための方法を解説します。

1.水道管の保温
水道管や蛇口など断熱材が巻かれていない部分に、布や気泡緩衝材などを巻き付けてテープで固定し、熱が逃げないようにします。
メーターボックスの中では間がむき出しのことが多いため、カバーを掛けたり布を詰めたりして保温します。
なお、地中やや深いところに埋められた配管は、さほど凍結の心配はありません。

2.水抜栓の使用(水落とし)
寒冷地で水抜栓(みずぬきせん)の設備がある家庭では、冷え込むことが予想される夜は寝る前に水抜き(水落とし)をします。
手順1:家の中の蛇口を全て閉める
手順2:水抜栓を操作する(完全にハンドルやレバーが止まるまで閉める)
手順3:家の中の蛇口を全て開ける(トイレのレバーなど含め全て開ける)
手などをあてて蛇口が軽く空気を吸い込む感触を確認する
手順4:家の中の蛇口を全て閉める

3.水をチョロチョロ出しておく
水抜栓がない場合などは、夜間に蛇口を少し開けて水をチョロチョロと出しておくと凍結しにくくなります。たまった水は洗濯などにご使用ください。

2,3の対策は主に夜寝る前に行いますが、厳冬期に数日間家を空ける場合なども同様の対策を行ってください。

排水設備も注意

極寒冷地などでは、排水口のトラップや、水洗トイレの水も凍る可能性があります。これらは悪臭やガスが下水管から逆流してくるのを防ぐ働きがあります。

冷え込みが強烈な場合や長期間家を空ける場合などは、不凍液を入れるなどして対策をしてください。

もし水道管が凍結したら

水道管の凍結した部分が表に見えている部分であれば、タオルなどをかけてぬるま湯をゆっくりかけてください。床下部分など立ち上がり管が凍っている場合は、管に添わせるようにしてぬるま湯を少しずつゆっくりとかけてください。

このとき、熱湯は使用しないでください。水の体積が急激に増えると水道管が破裂するおそれがあります。

万が一水道管に破裂などの損傷が発生してしまった場合は、大元の止水栓を閉めたうえで水道局や指定の事業者等に連絡してください。

カテゴリ

2021年8月

2021年7月

2021年6月

2021年4月

2021年1月

2020年11月

2020年9月

2020年7月

2020年5月

2020年4月

2019年12月

2019年9月

2019年7月

2019年6月

2019年4月

2019年3月

資料請求 CONTACT